初心者でも飼いやすい大型犬!特徴や性格まとめ!

飼いやすい

ペットの中でも抜群の存在感を放つ大型犬。犬好きならば、誰もが一度は憧れるのではないでしょうか。大型犬は賢く、人に寄り添う良きパートナーになります。そこで今回は、初心者でも飼いやすい大型犬の種類を紹介します。

大型犬をお迎えするにあたっての心構えもまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

賢くて優秀な大型犬!ラブラドール・レトリバー

体重は25~34㎏、体高は55~62㎝です。

メスは頭が小さく体型も小柄で、オスは頭も大きくがっちりした体型になる傾向にあります。
まっすぐで太い尻尾が特徴で、ラブラドールの尻尾は「オッターテイル」と呼ばれています。

毛色はイエロー、ブラック、チョコレートの3種類です。
盲導犬や警察犬など使役犬として活躍している犬種です。

歴史

原産国はイギリスです。祖先犬は、カナダの「ラブラドール」という島で漁師の手助けをして活躍していました。

その祖先犬が、イギリスに持ち込まれて品種改良され、現在のラブラドールの姿になりました。

性格

ラブラドールは使役犬として活躍しているだけあって、賢く理解力が高い犬です。
また、我慢強く集中力も高いです。

飼いやすいわけ

ラブラドールは賢いので飼いやすいで、初心者でもしつけがしやすいため飼いやすい犬種です。
攻撃性もなく、フレンドリーで人間好きな子が多いので信頼関係も築きやすいでしょう。

穏やかな大型犬!ゴールデン・レトリバー

体重は27~36㎏、体高は55~61㎝です。
毛色はゴールドです。

筋肉質な体に、フサフサな尻尾、比較的短めで太い肢が特徴です。
また、ゴールデン・レトリバーには、ブリティッシュタイプと呼ばれる骨太でがっしりした体型のものと、アメリカンタイプと呼ばれるスマートな体型の2種類があります。

日本で飼育されているゴールデン・レトリバーの多くはアメリカンタイプですね。

歴史

原産国はイギリスです。ただ、歴史の詳細は不明で諸説あります。

19世紀にツイード・ウォーター・スパニエルとニューファンドランドが交配され、ゴールデン・レトリバーが生まれたという説が有力なようです。

狩猟した獲物を回収する犬として活躍していました。

性格

ゴールデン・レトリバーは穏やかな性格の子が多いです。
非常に友好的で飼い主家族には従順です。

飼いやすいわけ

ゴールデン・レトリバーは誰に対しても寛容で、自分より体の小さな子供や動物にも、相手に合わせて接する社交性もあります。

賢いのでしつけもしやすく、信頼関係も築きやすいでしょう。

おしゃれも楽しめちゃう大型犬!スタンダード・プードル

体重は16~29㎏、体高は45~60㎝です。
トイ・プードルと同様にカラーバリエーションが豊富で、ブラック、レッド、ホワイトなどがあります。

スマートな鼻先に長い肢、上品で気高い趣のある種類です。バランスの良い体型をしていますね。

プードルは毛が伸び続けるので、定期的にトリミングをする必要があります。
そのときの気分に合わせて、おしゃれなカットスタイルを楽しめることができるでしょう。

また、長い肢を持っているだけあって、運動神経も抜群です。

歴史

原産国はフランスです。祖先犬はドイツで狩猟の獲物を回収する仕事をして活躍していました。

祖先犬はドイツからフランスへ持ち込まれ、品種改良を重ねられ、現在のスタンダード・プードルの姿になっていきました。

性格

繊細でシャイな一面もありますが、小さいサイズのプードルより落ち着きがあります。
甘えん坊なところもあります。

飼いやすいわけ

スタンダード・プードルは他の犬種よりも落ち着きがあるので、振り回されるようなことがあまりありません。

友好的な子も多いので社会性も身に付けやすいでしょう。
飼い主家族に対しての愛情がとても深い犬種なのも書いやすい理由の一つです。

心優しい大型犬!バーニーズ・マウンテン・ドッグ

体重は40~44㎏、体高は59~70㎝です。
毛色は、白・黒・茶色のトライカラーです。

鼻が短く、耳が垂れているのが特徴です。大きくてたくましい超大型犬です。

歴史

原産国はスイスです。古代ローマ軍が、スイスに攻め込んで支配した時代に持ち込んできた犬が祖先犬といわれています。

スイスで2000年以上にわたり、力仕事を任されてきました。
しかし、産業革命以降に輸送機関が大きな発展を遂げ、活躍の場を失い、頭数が激減し絶滅寸前にまで陥りました。

その後、ブリーダーたちの手によって繁殖され現在に至ります。

性格

バーニーズは堂々としていて、とてもマイペースな性格です。
人に依存しすぎない猫に近い性格があります。

飼いやすいわけ

人と触れ合うのが大好きなので、飼いやすいです。
家族への愛情も深いので良き関係を築くことができるでしょう。

運動神経抜群な大型犬!ボーダー・コリー

体重は14~22㎏、体高は53㎝です。
毛色はブラック&ホワイト、トライカラーなどカラーバリエーションは豊富です。

バランスが良い体型で、凛々しい顔つきが特徴です。
ボーダー・コリーはとにかく運動神経が抜群で、ドッグスポーツを楽しみたい方におすすめですよ。

ちなみに、正確には大型な中型犬らしいです。

歴史

原産地はイギリスです。ボーダー・コリーの歴史の詳細は明らかになっていません。

8世紀から11世紀にバイキングがトナカイのための牧羊犬として、スコットランドに持ち込んだのが祖先犬だったという説が有力です。

祖先犬がスコットランドの牧羊犬と交配されていき、品種改良を重ねられました。その結果、現在のボーダー・コリーの姿になっていきました。

原産がスコットランドとイングランド国境付近のため、国境という意味の「ボーダー」からボーダー・コリーと名付けられました。

性格

ボーダー・コリーは聡明で活発な性格をしています。
しかし、賢さゆえに少し気難しい面もあります。

飼いやすいわけ

ボーダー・コリーは非常に従順で、しつけがしやすいです。
人と遊ぶことがとても好きな犬なので、アウトドアが好きな人とは相性が良い犬種ですよ。

飼い主がリーダーとなり、しっかりしつけをすると良きパートナーになるでしょう。

大型犬をお迎えする前の心構え

大型犬はどの種類でもしつけが重要になります。若いうちから徹底してしつけをしましょう。

特に、子犬~2歳くらまではどんな犬種でも落ち着きがなく興奮しやすいです。物を噛んで破壊する行動も多くみられます。

成犬になっても制御ができない犬になってしまうと、楽しいはずの犬との生活が苦しいものになってしまいます。

小型犬や中型犬に比べるとエネルギッシュで運動量もかなり必要になってきます。

運動不足になると犬はストレスが溜まります。
ストレスは、破壊行動を起こしたり、異常に神経質になったりと問題行動に繋がっていきます。

大型犬をお迎えする前に、十分に運動させてあげられる環境があるか確認しましょう。

最後に、犬はお金がかかる動物です。
大型犬は小型・中型の犬に比べると病気の治療費、エサ代は高額になります。

お迎え前にどれくらいの費用が必要なのか、経済的に問題はないか確認しておきましょう。

まとめ

飼いやすい大型犬は、昔から人と協力して暮らしていた犬種が多い印象ですね。

ただし、どんなに飼いやすい大型犬でも飼育には覚悟が必要です。

お世話をする手間、費用がかかります。
責任感を持って、犬の事を勉強し、環境づくりに努めましょう。

この記事を書いた専門家
ビラウカ

犬が好きすぎて、もふメディアを立ち上げてしまった人。
過去にラブラドール、秋田犬と暮らしていた経験を持つ。

また、ブルドッグや秋田犬の有名ブリーダーと知り合いで、いろいろな情報を貰っている。

ビラウカをフォローする
タイトルとURLをコピーしました