大型犬の飲水量はどのくらい?多いときと少ないときの理由や対処法

病気・ケガ

犬がいつもと比べて水を飲まないときや反対に、水をたくさん飲んでいるようなときは、身体の異常のサインかもしれません。特に飲水量が増えておしっこをたくさんする「多飲多尿」は、様々な病気の兆候として見られます。

ここでは、大型犬の飲水量の目安や飲水量の測り方、飲水量が多いとき・少ないときの原因や対処法についてご紹介します。

大型犬の飲水量の目安

犬の飲水量の目安は、体重1㎏あたり50~60mlくらいが目安です。つまり、体重25㎏の犬では1,250~1,500ml、30㎏の犬では1,500~1,800mlくらいということになります。

ただしこれはあくまで目安で、実際には季節や運動量、食べているフードなどにより変わってくるものなので、計算の範囲内に収まらなかったとしても、過度に心配する必要はないと考えられています。

目安として、1日に1㎏あたり100ml以上を日常的に飲んでいるような場合には多飲と考えても良いでしょう。

体重1kgあたり100ml/1日以上は飲みすぎの可能性あり1

大型犬の飲水量を測る方法

飲水量について考えるには、普段愛犬がどのくらいの量の水を飲んでいるのかを把握しておき、飲水量が変わったと感じたときに普段と比べどのくらい増減しているか比較してみることが大切です。

空のペットボトルに水を汲み、そこから飲水用の器に水を入れて与えます。
大型犬であれば、2Ⅼ分くらい汲んでおくと良いでしょう。毎日同じ時間に計測します。

例えば朝7時に器に入れて与え始め、翌日の朝7時に計測します。

ペットボトルに残った水の量を測ることで、どのくらいの量を飲んだのか把握できます。

何日かにわたって飲水量を測り、記録を残しておきましょう。

大型犬の飲水量が減る原因

いつもと比べ、飲水量が減ったときに考えられる代表的な原因をご紹介します。

ウェットフードを与えるようになった

飲水だけでなく、食事からも水分を摂取します。

ウェットフードを多く与えるようになったり、水分を多く含んだ手作り食を取り入れるなどで、、飲水量が減ることがあります。

気温が下がった

寒い季節になると犬は活動量が減り代謝が落ちます。代謝が落ちると水もあまり飲まなくなります

飲水量が減るので、尿の量も減り濃い色の尿が出るようになります。

加齢や身体の痛み

高齢犬は飲水量が減りやすい傾向があります。

理由は、人と同じように若い頃と比べ運動量が減ることや気温の変化を感じにくくなること、喉の渇きを感じにくくなる他、関節など身体に痛みを感じていて水飲み場まで移動したがらなくなっていることなどが考えられます。

高齢の犬で飲水量が減った場合は、加齢の可能性があります。

大型犬の飲水量(水分摂取量)を増やすには

飲水量が減る原因はいくつかありますが、水分摂取量が減ると脱水症状などにもつながるので、しっかり飲水量を増やすことが大切です。

特に高齢の犬は脱水状態であるにも関わらず、水を飲まないことがあるので注意が必要です。

いつでも飲水できる環境に

水飲み場は、犬がいつも過ごす場所以外にも複数ヵ所設け、好きなときに水が飲めるようにしましょう。日常のお散歩や外出時にもペットボトルや水筒に水を入れて持ち歩くことで、十分に水分を摂ることができます。

水飲みの高さを工夫する

高齢犬やヘルニアの犬などで関節に痛みを感じている犬は、首を下げる姿勢が大変な場合があります。大型犬でも飲みやすい高さのあるものや、食器台のついたものを選んであげると良いでしょう。

水に味をつける

犬が進んで水を飲みたくなるよう、味を付けるのも一つの方法です。鶏肉のゆで汁や魚介のだしなどを加えると、風味がついて飲水量が増えることがあります。

ウェットフードを多く与える

犬は食事からも水分を摂るので、水分含量の多いウェットフードをメインに与えるのもおすすめです。注意点として、ウェットフードはパッケージに「一般食」や「副食」と記載されたおかずタイプの製品が多いので、栄養バランスの取れた「総合栄養食」を選びましょう

また、ドライフードのみ与える場合と比べると歯垢が付きやすくなるので、デンタルケアを怠らないようにしましょう。

ドクターワンデルは怪しい?本当に歯ぶらし不要なの?
「歯みがき」ならぬ「噛みがき」がキャッチコピーのドクターワンデルですが、本当に歯ブラシを使わずにデンタルケアができるのでしょうか?先に結論を言ってしまうと、決して怪しい商品では有りませんし、しっかり考えて開発されたデンタルケア用品...

大型犬の飲水量が増える原因

大型犬の飲水量がいつもより増えたとき、考えられる主な原因をご紹介します。

暑さなどによる脱水

暑い季節になると、犬は体温を下げるために口を開けてハァハァと呼吸します。これを「パンディング」といいます。

人は皮膚の表面から汗をかいて身体の熱を下げますが、犬はパンティングすることで口の中や鼻、気管などの粘膜から蒸発する水分の気化熱で体温を下げているのです。

パンティングすると犬の体内の水分がどんどん減り脱水になるので、身体の水分量を保つために飲水量が増加します。

フードの変更

先述しているとおり、犬は食事からも水分を摂取しています。ウェットフードや水分含量の多い手作り食をメインに食べていた子がドライフードに切り替えた場合、身体が必要とする水分量を補うために飲水量が増えます

また、人と同じように塩分の多い食事内容の場合は、水をたくさん飲むようになります。

精神的な理由

犬が強いストレスを感じると、体内で抗ストレスホルモンが分泌されます。このホルモンの働きにより、水を頻繁に飲むようになることがあります。

留守番の時間が長かったり、十分に運動できていなかったり、ペットホテルに預けられるなど、環境に変化があった場合には精神的な理由で飲水量が増えているのかもしれません。

薬の影響

痒み止めの治療に用いられるステロイド剤や、心不全の治療に使われる利尿剤には、尿量を増やし、飲水量を増加させる作用があります。薬を処方してもらう際には、そのような作用があるかどうか確認しておくと安心です。

大型犬に多飲多尿が見られるときに考えられる病気

犬の飲水量、尿量が増える様子は、多くの病気で見られます。多飲多尿になる3つの病気をご紹介します。

糖尿病

糖尿病は、インスリンというホルモンが足りない、もしくは正常に働かないことにより、血液中の糖が増える病気です。

多飲多尿は初期に見られる症状で、進行すると体重減少、食欲不振、下痢や嘔吐などの症状が見られます。更に重症化すると神経障害や昏睡などを起こし、死に至ることがあります。

大型犬ではゴールデン・レトリーバーやラブラドールレトリーバー、ジャーマン・シェパードなどで発症が多いとされ、オスと比べメスに多く見られる傾向があるといわれています。

腎不全

腎臓には、血液中の不要な老廃物を尿として排泄する「ろ過」の機能や、体内のナトリウム・カルシウム・リンなどのミネラルを一定に保つ大切な役割があります。

腎臓が何らかの理由で障害を受け、十分に機能しなくなる状態を腎不全といいます。

犬の腎不全は、急激に腎臓機能が低下「急性腎障害」と、数ヶ月~数年という長い経過をたどり腎臓の働きが徐々に低下する「慢性腎臓病」の2つに分けられます。

急性では短期間で尿の量が急激に減少する、全く排尿しなくなる、ぐったりする、食欲不振、下痢、嘔吐、脱水などの症状がみられ、ケイレンして命を落としてしまうこともあります。

慢性腎不全の場合、初期は無症状ですが、飲水量が増て尿量が増し、食欲低下や嘔吐、毛艶が悪くなるなどの症状が現れます。老廃物や毒素が体内に蓄する「尿毒症」という状態になると、ケイレンなどの神経症状が見られます。

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症は、避妊手術を受けていないメス犬、特に高齢犬に多く発症が見られます。名前のとおり子宮に膿がたまる病気で、子宮内に大腸菌などが細菌感染することが原因となります。

開放性と閉塞性があり、どちらの場合も発熱、食欲不振、元気消失、多飲多尿などの症状が現れます

開放性の場合は子宮の出口が開放されているので外陰部から膿が排出されます。血混じりのことも多いため、飼い主さんは「生理が終わったばかりなのに、また始まった」と思うこともあるようです。

閉塞性では子宮の出口が閉まっているため、子宮の中の膿が排出されず溜まり続け、発見が遅れてしまうことがよくあります。膿でパンパンになった子宮が破裂すると腹腔内に漏れ出て、腹膜炎や敗血症を起こして、命に関わる事もあります。

子宮蓄膿症の疑いがあり、お腹が膨れているような場合には、腹部を圧迫しないよう注意しましょう。

まとめ

大型犬の飲水量は、与えているフードの種類や気温などによって変わるものではありますが、病気によって増減していることもあります。

普段からどのくらいの水を飲んでいるのか把握しておき、いつもより水を飲んでいない気がする、水の器がすぐ空になってしまうなど、飲水量に変化を感じたら、飲水量を測ってみましょう。そして、異常があれば速やかに動物病院を受診しましょう。

この記事を書いた専門家
Yuki

動物専門学校卒業後、動物病院に約15年働いている動物看護師。
■保有資格
「認定動物看護師」「ドッググルーミングスペシャリスト」「コンパニオンドッグトレーナー」

Yukiをフォローする
タイトルとURLをコピーしました